Biography

YUCARIのアーティスト写真

YUCARIのアーティスト写真

YUCARI(ユカリ)

北海道札幌市出身

ギター弾き語りシンガーソングライター

キャッチコピーは「アコギdeロック」

こころに沁みて刺さる歌詞と、耳に残るキャッチーなメロディーが印象的なシンガー。

中毒性のある歌声を武器に、切ないバラードからロックナンバーまで、飽きの来ない楽曲を生み出し続けている。

内に秘めた熱い思いをぶつけるかのように、パワフルに歌い上げるライブパフォーマンスは必見。

大学卒業後、OLとして順調にキャリアを築いていたものの「本当の夢を叶えたい」という熱意だけで上京。

2017年よりオリジナル曲の制作を開始。

2018年より都内を中心にライブ活動をスタートし、ライブハウスやストリートパフォーマンスで着実にファンを獲得していく。

その後、大阪、地元札幌でのライブ、名古屋、福島など活動範囲を広める。

2019年4月に開催したYUCARI初のワンマンライブ(@ひまわり広場で手をつなごう)は1ヶ月前にソールドアウト。

5月、念願のハグロックフェスティバル2019に出演。

8月、バースデーワンマンライブ(@原宿ストロボカフェ)を開催、満員御礼。

10月には大阪にてミナミホイール2019の出演が予定されていたが、台風の影響であいにくの中止となる。

関西テレビ「村上マヨネーズ」の恋歌グランプリに出演。

11月、大阪で初のワンマンライブを開催、ソールドアウト。

2019年の集大成として12月にワンマンライブ(@SHIBUYA TAKE OFF7)を開催、満員御礼。

2020年、配信限定曲となる「咲き誇れ」「Crying」の再録版、さらに新曲「36℃」を3週連続リリース。

6月には名古屋にてSAKAE SP-RING 2020への出演が決定していたものの、新型コロナウイルスの影響により無念の中止。

しかし無観客配信ライブをはじめ、ツイキャスラジオ「うっかりちゃっかりYUCARIの語りラジオ」や楽天ライブ「クラブ 一番じゃなくたって」など、コロナ禍にもめげることなく、配信でも精力的に活動中。

2021年6月には、ついに渋谷クアトロでのワンマンライブ開催が決定した。

憧れのステージに向けて書いた曲「Departure」はライブを重ねるごとに深みを増していく。

夢のさらに先へと向かって、YUCARIは今日も猛スピードで走り続けている。